面接時の志望動機|未来のビジョンに沿った志望動機を例文や経験から書く

面接で志望動機を答える方法を例文から紐解く

なぜ同じことを面接で聞く

面接で受ける質問は、大体が願書に書いたような内容です。そんな内容をなぜ聞くのかというのには理由があります。面接で学生を見るポイントをランキングで掲載しています。なぜ、面接で同じ質問をするのかの理由を探っていきましょう。

面接で見るポイントランキング

no.1

身だしなみなど第一印象

面接で見られるのは第一印象が一番です。身だしなみや話し方を見ています。面接で答える内容を考えるのも第一ですが、はっきり話すことや立ち振る舞いに気を付けることからが面接を受ける第一歩です。

no.2

話し言葉が適切か

面接における質問の内容が、願書などに書いたことと同じときが良くありますよね。こんな時に面接官が見ているのが、自分が願書に書いたことにブレが無いかや言葉で伝えられるようにかみ砕いて、話し言葉で説明ができるかの能力を把握しています。願書に書いたことを丸暗記するのではなく、自分の言葉で説明する力をテストしています。

no.3

具体的であるかどうか

次に見られているポイントが、話す内容が具体的かどうかです。何度も校正して仕上げた願書よりも、面接で実際に話している時の方が、より具体的な経験や実績を判断することができます。また、面接で話を掘り下げていくことで、学生がいかに深く考察する能力があるかを見極めているので、より深い質問をされてもそれに自分の言葉で説明できる能力をつけましょう。

面接時の志望動機

文房具

なぜその志望動機なのか

願書でも記入した志望動機をわざわざ面接でも聞く理由は、なぜその志望動機なのかという本質を見抜くための質問をしています。この学校を志望するようになったきっかけなどを例文や経験から考えておくと、その答えも浮かぶことでしょう。

入学後のビジョンを

さらに面接時に見られるのは、入学したいという気持ちと入学後にどのような学生生活を送っていきたいかです。入学後のビジョンがより明確に答えられるように、学校の特色や学科の特徴を研究しておきましょう。

広告募集中