なぜ志望動機を聞くのか|未来のビジョンに沿った志望動機を例文や経験から書く

志望動機を聞く理由を知って例文から書き方を理解しよう

志望動機とは何か

受験をするうえで躓きやすいのが志望動機の書き方です。そんな志望動機で何を判断しているのかが分かれば、少しは志望動機が書きやすくなりますよね。志望動機で見られているポイントをランキングで紹介します。

志望動機で見られるポイントランキング

no.1

志望の熱意

志望動機で見られるポイントとしてもちろん第1位は志望の熱意です。なぜこの学校を選んだのかを、本人の言葉でどれだけ熱意が伝わるかを判断します。

no.2

研究の深さ

志望動機を書く時には、志望する学校の特色や学科の研究をしますよね。その研究をどれだけ深く考えているかを面接官は見ています。学校についてどれだけ分析し、それを自分の言葉で伝えられるかを判断材料として見ているのです。

no.3

アピールの仕方

志望動機を見る中で自分のアピールポイントを理解しているか、それをどのように伝えているかを判断しています。アピールポイントは自分への理解になるので、そこを面接官は判断して見ています。

なぜ志望動機を聞くのか

女の人

志望動機を聞く理由

学校に提出する願書や面接に志望動機が必ず出てきます。この志望動機は、少しでも学生本人の言葉を聞くためにあります。志望動機の例文を面接官の立場で見てみると、どのように書き進めれば志望動機が伝わるかが分かります。

学生の内面を見る

志望動機は学生本人の言葉を聞き、内面を見ていくことができます。どれだけ志望する学校を理解しているかではなく、理解しようとする熱意があるかを見極めます。そして、アピールポイントを聞くためではなく、自分がアピールできることをどれだけ積み上げてきたかや、それをどのように人に伝えるかの力を見極めています。このように、面接官が志望動機を聞く意味が分かることで、少しは志望動機をどのように書けば良いのかが分かる事でしょう。

広告募集中